腐日新聞

医師

BMIを計算する式はどこの国でも共通ですが、数値の評価水準は各国それぞれ違いがあり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22であれば標準体重とし、25以上は肥満、18.5未満であれば低体重と定義しています。
毎年流行するインフルエンザに対応している効果的な予防法や医師による手当も含めた基本の措置そのものは、それが例え季節性インフルエンザであっても新型インフルエンザでもほとんど同じです。
脚気(beriberi)の症状は、両手両足が麻痺したり下肢の著しい浮腫みなどが代表的で、進行すると、深刻な場合、呼吸困難に至る心不全ももたらす可能性があるそうです。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最もよくある中耳炎で乳幼児によく起こる病気です。強い耳の痛みや38度以上の高熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が流れる耳漏など多岐に渡る症状が起こるのです。
下腹の強い痛みが主訴となる病気の代表格として、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の疾患など、様々な部位の病気が挙げられるでしょう。
必要な栄養素を網羅した食生活や運動は当然のことながら、体の健康や美容を目的とし、食事の補助として数種類のサプリメントを採用する事が常識になったそうです。
現在の病院の手術室には、御手洗いや器械室、準備室(preparation room)を用意させ、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を置くか、近い所にレントゲン撮影の専門室を用意するのが一般的である。
亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に関係する特別な酵素や、細胞・組織などの活動に必要な酵素など、200種類以上存在する酵素の構築要素としてなくてはならないミネラルの一種です。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日以降はとなるので、集団接種ではなく病院などで個々に接種するスケジュール管理の必要な個別接種のスタイル
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の数十年に及ぶ追跡調査のデータからは、体の大きな成人に比べて体の小さい子どものほうが放出された放射能の悪い影響を一段と受けやすいことを痛感します。
汗疱(汗疱状湿疹)は手の平や足裏、指と指の間などに細かい水疱が出る症状で、通常はあせもと呼び、足の裏に出ると水虫と思い込まれることも多くあります。
ピリドキシンには、色々なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝に必要な回路へ組み込むため、輪をかけて細分化させるのを促進するという働きもあるのです。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが体内に吸収されるのを助けるという働きで知られており、血液の中のカルシウムの濃度を調節し、筋肉の機能を適切に操ったり、骨を作ったりします。
HIV(human immunodeficiency virus)を含んだ血液や精液のほか、母乳や腟分泌液などの様々な体液が、交渉相手等の粘膜部分や傷口等に触れることで、感染のリスクが大きくなってきます。
期外収縮は、健康な場合でも現れることがあるためさほど深刻な心臓疾患ではないと考えられていますが、発作が数回続いて起きる場合は危ないのです。


!