腐日新聞

医薬品

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、山の杉や檜などの決まった時期に飛散する花粉が元凶となり、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーを招く病気として広く認識されています。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しく開発された薬の特許が切れてから約1ヶ月後には、製薬市場の約8割がジェネリック(後発医薬品)に替わるという医薬品もある位、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は地球上で採用されています。
通常の場合は骨折を起こさない位の僅かな力でも、骨の同一のエリアだけに何度も次から次へと力が加わることにより、骨が折れてしまうことがあるので気を付けなければいけません。
大体は水虫は足、こと足指の間に発症する皮膚病だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけではなく、全身どこにでも感染する危険性があるので気を付けましょう。
毎日のようにゴロンと横向きになったままでTVを見つめていたり、長時間頬杖をついたり、踵の高い靴等をいつも履くといった習慣は身体の左右のバランスを崩してしまう大きな原因になります。
ロックのライブの場内やダンス広場などに置かれているとても大きなスピーカーのすぐ横で大きな音を浴び続けて耳が遠くなる症状を「急性音響性聴器障害」と言うことをご存知でしょうか?
現代のオペ室には、W.C.や器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設置し、手術中に撮影するためのX線装置を用意するか、そうでなければ近辺にX線のための専門室を準備するのが普通だ。
気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質のセロトニンが足りなくなり、強い憂うつ感、不眠著しい疲労感、食欲低下、体重の減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの危険な症状が出現します。
めまいが起こらず、辛い耳鳴りと難聴のみを幾度も繰り返すケースの事を区別して「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で診断することもあるそうです。
現在、若年層で感染症である結核の力を保有しない人々の割合が高くなったことや、自己判断のせいで受診が遅れることが主因の集団・院内感染が増加しているようです。
ヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間に存在してクッション的な役目を果たしている椎間板(ツイカンバン)という名称の円形の組織が飛び出てしまった状態を称しています。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在する血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が損傷を受けてしまったため、結果的に膵臓からはインスリンがほぼ出なくなって発病するという種類の糖尿病なのです。
内臓脂肪過多の肥満が確認されて、脂質過多、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2つ以上に一致するような健康状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼ぶのです。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国も共通ですが、値の位置づけは国ごとにそれぞれ少しずつ違っていて、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準体重、BMI25以上の場合を肥満、18.5未満の場合は低体重としているのです。
基礎代謝量(kcal)は就寝中ではなく覚醒状態で生命活動を維持する(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張のキープなど)ために要る最低限のエネルギー消費量のことを指します。


!