腐日新聞

働く

世界保健機関は、身体に害を与えるUV-A波の無理な浴び過ぎは皮膚にトラブルを誘引するとして、19歳未満の若者が日サロを使用する行為の禁止を強く勧告中です。
学校等団体行動をするにあたって、花粉症の症状が原因で友達と同時にはつらつと行動できないのは、患者である子どもにとっても残念なことです。
亜鉛は、DNAや蛋白質を合成させるために働く色々な酵素や、細胞や組織の維持活動に深く関わっている酵素など、200種類以上もの酵素を構成する物質としてなくてはならないミネラルの一種なのです。
薬や酒に含まれるアルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物などの成分を特殊な酵素によって分解して無毒化する働きを解毒(げどく)と称し、肝臓の最も重要な職責の一つだと言えるでしょう。
音楽会やライブなどの開催されるホールやディスコなどに置かれた大きなスピーカーのすぐ横で爆音を浴び続けて耳が聞こえにくくなる症状を「ロック外傷」と言うのです。
真正細菌の一種である結核菌は、感染している人が咳き込むことによって内気の中に振りまかれ、空中にふわふわ移動しているのを今度は他の人が空気と一緒に吸い込むことでどんどん感染します。
若年層で結核菌に対抗するだけの免疫(抵抗力)を持たない人々が増えたことや、早合点のせいで受診が遅れることなどが主因の集団感染及び院内感染の発生頻度が高くなっているようです。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒力が極めて強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒の強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が挙げられます。
黴菌やウィルスなどの病気を誘引する微生物、すなわち病原体が呼吸とともに肺へ入って罹患してしまい、肺の内側が炎症反応を起こしている状況を「肺炎」というのです。
脳卒中のクモ膜下出血は80%以上が「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管にできる不必要なこぶが破れる事によって罹患してしまう脳の病気なのです。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、4日前後きちんとお薬を飲めば、一般的に90%近くの人の自覚症状は去りますが、食道の粘膜の炎症自体が全快したとは言い切れないので留意してください。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常なら身体をガンから守る役割を持つ物質を生み出すための型のような遺伝子が異常をきたすことで発症するということが分かっています。
耳の中の構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3か所に大別することができますが、中耳付近に黴菌やウィルスなどが付着し、炎症ができたり、液体が滞留する病気を中耳炎と称しています。
明るくない所だと光量不足によりものが見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーが使用されてしまい、結果的に光の入る場所で物を眺めるより疲れるのが早くなります。
今時の病院のオペ室には、トイレや器械室(apparatus room )、準備室を設置し、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を備えておくか、側にレントゲン撮影の専門室を用意するのが慣例だ。


!